★【工房BLOG】 工房 藍の館|京都大原にある藍染工房。天然灰汁発酵建『本藍染』」にこだわります。: 2009年3月アーカイブ
  • TOP
  • 工房の概要
  • コンセプト
  • 藍染体験
  • GALLERY
  • 展示会のお知らせ
  • 展示会風景
  • 工房BLOG
  • 藍染職人BLOG
  • お問合せ

2009年3月アーカイブ

 いよいよ、今日迄ですよ!
第3回真善美展 『能面と藍』 は、今日22日の午後4:30迄です。
一年がかりで準備してきたのに、アッとゆう間に終わってしまいます。

 今回は、凄く評判も良く皆さん、「いいものを 見せていただいて有難う!」
と言って帰って頂いています。
私たちの方こそ、皆さん来て頂いて 本当に有難うございます。

 今日は、ギャラリートークとして、大月先生と展示の解説をしながら
皆で、会場をまわりました。思っていたより、多くの人が集まっていただき
有難うございます。


   

     土蜘蛛  能面 「顰(しかみ)」
           (しかめっ面をした鬼の面)



   

     お茶室  能面  「三光尉(さんこうじょう)」

     
  この、シルクオーガンジーで作ったお茶室の中から、いつもとは違う
景色を見てみませんか?

  是非、見に来て下さいね!

 第三回真善美展 【能面と藍】 22日(日)まで、開催中です。
案内 遅くなりました。

 今回は、大月光勲先生の能面とコラボしています。
これまでの、真善美展とは違い各部屋によってテーマをもうけ、
物語を表現しています。

 「翁・松風・屋島・土蜘蛛・草紙洗い小町など」の部屋があります。
これらに、使われる能面とこのストーリーをイメージした藍染めを
合わせて展示しています。

 能面は、普通壁面に掛けて展示してありますが、今回は空間に
展示しているため横顔など違った角度から見ていただけます。

 藍染は、絞りの振袖を中心に着物で表現しています。
 
 今回も、お茶室を展示しており、藍染のシルクオーガンジーの
中に入っていてだき、空間を感じていただけます。


    

       タペストリー(3m×2.2m)



    

       山姥・絞りの訪問着


 是非、1000年の時を超える随心院と能面・藍との
コラボレーションを体感しに来て下さい。

(絶対、感動していただく自信は、有りますよ)