★【工房BLOG】 工房 藍の館|京都大原にある藍染工房。天然灰汁発酵建『本藍染』」にこだわります。: 2012年10月アーカイブ
  • TOP
  • 工房の概要
  • コンセプト
  • 藍染体験
  • GALLERY
  • 展示会のお知らせ
  • 展示会風景
  • 工房BLOG
  • 藍染職人BLOG
  • お問合せ

2012年10月アーカイブ

 

 愛知県から、鈴置さん家族と浜島さん夫婦が藍染め体験に来られました。

 

今回は、ストール、ショール、Tシャツに挑戦されました。

 

染め方は、無地染め、結んでの絞り染め、半分の染め分け と染めた後使いやすい染め方をされました。

 

藍が一月ほどたった藍なので、皆さん10回以上染めて頂きました。時間も結構かかったのですが、

 

皆さん、最後まで凄く楽しそうに染めて頂き、僕も楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

 

   0011.jpg

 

 

   0012.jpg

 

 

   0013.jpg

 

 

   0014.jpg

 

 

   0015.jpg

 

 

   皆さん、凄き綺麗に染めて頂きました!

 

   しまっておかないで、使って下さいね!!

 

   ( 今回、予約を頂いたとき、お嬢様が少し体がご不自由で車椅子と教えて頂いたときは、


    染めるのは無理だろうと思ってしまってそうお話ししてしまいましたが、下に座って最後まで


    ご自分で染め上げて頂きました。初めから無理だと思ってしまっていた自分に凄く反省しなければ


    いけないと感じました。)

 

    今日は、僕も凄くパワーを頂きました。

 

    本当に、有難うございました!

 

    又、遊びに来て下さいね!

 

 

 今日は、京都市上京区から 扇原さん がご夫婦で藍染め体験に来られました。

 

ご主人のお友達が結婚されるため、みんな布をそれぞれ違う色に染めて


パッチワークのクッションを作ってプレゼントされるそうです。

 

ご主人は、持ってこられた綿の布、奥様はハンカチに挑戦されました。

 

 

 

   001.jpg

 

 

   ハンカチはむらくも風、布は濃い色無地、中間色のむら、白色むら

 

 

   002.jpg

 

 

   クッション作りの工程をビデオにされるそうで、奥様が撮影!

 

 

   003 (1280x944).jpg

 

 

   なんか、すごく仲がいい!!

 

 

   004 (1280x959).jpg

 

 

   ハンカチの模様の細かく綺麗で、布の色は、茄子紺に近いぐらい濃いいい色!

 

   お二人とも凄く丁寧に染められました。

 

   クッションの出来上がりが楽しみですね!( 僕も、みたいなぁ~)

 

   また、遊びに来て下さいね!

 

 

 

   

 

 いつも、作らせて頂いているお客様の 作務衣 が出来上がりました。

 

今回の作務衣は、正絹のボカシ染めの着物で作らせて頂きました。

 

この絽は重めの生地のため独特の垂れ感があり、絹を本藍で染めた時に出る

 

光沢が本当に綺麗な着物です。

 

 

   IMGP9948 (1280x857).jpg

 

 

   IMGP3662 (1280x841).jpg

 

 

   IMGP3669 (1280x851).jpg

 

  

   今回のこだわりは、重ね襟に、白の絽に刺繍で瓢箪柄 を使いいつもより、少し広く出してアクセントにしています。

 

   

   素敵だと思いませんか?

 

  

 

 

   

 

 東京から、藍染め体験に来られました。

 

今年の5月に伊勢丹松戸店の京都展で日傘をお求め頂いた

 

池野 シンヤさんチサトさんが藍染め体験に来られました。

 

伊勢丹では少ししかお話し出来ませんでしたが、遠い大原まで来ていただき感激です。

 

今回は、Tシャツに挑戦されました。ボカシ染めをされました。

 

   P1070265 (1280x958).jpg

 

   一番濃い色の部分で12回、中間色で9回、薄色で3回染められました。

 

   P1070267 (1280x940).jpg

 

   綺麗にボカシ染めのTシャツが染まりました。

 

   すごく楽しそうに、染められていて僕も本当に楽しい時間を過ごすことができました。

 

   また、遊びに来て下さいね!

 

   

   010 (1280x857).jpg

    

   ( サイズ 約85cm×200cm ) 一枚一枚縮方が異なるので多少違いがでます。

 

 新しいタイプの 新作ショール が染め上りました!

 

このショールは、生地屋さんに初めて見せて頂いた時に一目惚れした生地

 

「 どうしても、この生地を染めてみたい!! 」 と思った布です。しかし、その値段が

 

あまりにも高く、その時はすぐに手を出すことができませんでした。

 

その日から、約一年どうしても、その思いが消えず今回は、5枚だけですが染めてみました。

 

染め上りは、僕の想像通りで  凄く綺麗なショール に染め上りました!

 

 

   011 (1280x857).jpg

 

 

   どうですか? 凄く綺麗でしょ!

 

   【 この生地は、国産の絹糸 ( ぐんま200 ) 縦横糸とも使って二重織をしています。そこに


    型でのりを置き、それから塩縮加工をし凹凸を付けてあります。 】 

 

   このショールは、今月末の松戸・府中の伊勢丹の京都展と渋谷の東急東横店の名人たちの仕事展に持って行きます!

 

 

 

 

 

 

 

   

先日、初めての 遠鉄百貨店の職人展 でTシャツをお求め頂いたお客様から

 

シャツの染め替えの注文を頂きました。

 

藍染めは、いつも他の工房でお求め頂いているそうで今回初めて私どもの藍を見て頂きました。

 

今日、染めました。

 

 

   001 (1280x960).jpg

 

   シャツは、綿地で少し厚く水に濡らすと結構固くなりました。色は、薄いグレー色でした。

 

   

   002 (960x1280).jpg

 

   (ボカシを入れて)との事なので、くくってほぐしながら地染めを10回し、藍返しを4回しました。

   

   今日は、約10分浸け酸化を5分の繰り返しで染めました。

 

   

   004 (857x1280).jpg

 

   染め上りです。

   

   まだ、藍建てをして間がないので本当に良い色に染め上りました!

   

   ( 徳島の蒅を使った純粋の天然灰汁醗酵建ての藍の色を気に入って頂けるか少し心配です。)

 

   【 残念ながら百貨店の催しなどでは、殆どこの染め方の工房が出店していないのが現状です。】

 

   この染め方の藍の特徴は、光を反射する力が強く、くすみが少ない事です。写真で撮ると綺麗でしょ!