工房 藍の館|京都大原にある藍染工房

コンセプト

三千院門前の賑わいから少し離れた高台。
昭和六十二年に西陣で本藍染呉服販売店【藍の館】を創業。

飛鳥時代から続いている日本の藍染めが、明治の頃より化学藍に移り代わり本藍染を見ることが大変少なくなってしまいました。本藍染めの美しさに魅せられ、『天然灰汁醗酵建』という日本古来の技法を守り「本藍の美しさを多くの人に伝えたい」という思いから、平成五年大原に【工房 藍の館】を開きました。当工房では、直接藍に触れていただき、本物の良さを頭ではなく体で感じて頂けるようオープン工房にしております。

◆自然からの贈り物◆

【天然灰汁醗酵建】による本藍染
徳島の新居製藍所の蒅(すくも)
徳島で硬い木のみで作った木灰
京都・大原の綺麗な水

 

和装(振袖、着尺、浴衣 etc.)、洋装(コート、ジャケット、シャツ、Tシャツ etc.)、小物(ショール、ストール、ハンカチ、バック etc.)、インテリア(のれん、タペストリー、コースター、衝立、etc. )各種オーダーも承っております

工房BLOG「藍について」はこちらをクリック

工房 藍の館 〒601-1243 京都市左京区大原大長瀬町276 電話 075-744-2404